FAQ

Q1付属専用電源アダプターが大きすぎます。小さい電源アダプターはありますか?また、なぜ今時大型の電源アダプターなのでしょうか?

A1付属専用アダプターは、携帯電話の充電用などで使用されているスイッチング電源回路による小型のDC専用アダプター (プラス、マイナスのある直流タイプ)とは異なります。内部にトランスが搭載された、AC(交流)専用で出力が9Vの仕様です。
一般のエフェクター用(DC9V:直流)とは違い、AC9V(交流)ですので、根本的に仕様が異なり、一般のエフェクター用の電源アダプターは、弊社の専用アダプターが付属している機種には使用できません。

なぜ、このアダプターを使用しているのかと言うと、弊社の製品には真空管を搭載している機種が多く、真空管を大型 アンプ同様、高電圧でドライブさせるために使用しています。
実際に、AC9Vの付属専用アダプターが、製品内部では、高い箇所で150V近くまで電圧を上げ、真空管を作動させて います。
また、真空管を点灯させるのに多少電力が必要なため、アダプターの形状が少々大型になっています。なお、付属専用アダプターに記載している弊社製品の中で、真空管を使用していない機種(GC-1、A1BP TYPEⅡや、 旧製品のEL-1、BP-1)に、この専用アダプターを使用しているのは、製品内部で一般のラックタイプと同じ条件の 電源(±15Vの2電源)で、製品を作動させているためです。
これらは全て、音質を重視した製品設計の観点から、付属専用アダプターを採用しております。
※弊社の製品でも、付属専用アダプターに記載のない機種(例えばOD-1BやGC-3など)には、使用できませんので、 ご注意ください。

戻る
パーツへのこだわり
体験談募集
ALBITサンプル音源
ALBIT開発中の製品公開